FXの米ドルという外貨のメリット

多くのFXのトレーダーは、よく米ドル円で取引しています。実際米ドルには色々なメリットがあって、その1つは情報量です。他の外貨と比べると、多くの情報を得られるメリットがあります。安定感にもメリットがあるのです。

マイナーな外貨と情報量のデメリット

FXでは、取引する通貨を選ぶことはできます。ポンドやトルコリラなど色々な通貨はありますが、マイナーな通貨はスワップの金利も高めです。長期的に取引したい方は、トルコリラやズロチなどの通貨を検討している事も多いです。
確かにマイナー通貨は金利は高めですが、情報量に関するデメリットがあります。そもそもFXのシステムで取引する際には、ニュースを参考にする事もあるでしょう。外貨のレートは、ニュースを材料に動く事も多いです。マイナー外貨の場合、ニュースではなかなか情報が得られない事があります。あまり注目されていませんから、情報不足になってしまう事も多いです。

多くの情報を得られる米ドル

ところが米ドルの場合は、情報量は申し分ありません。米ドルという外貨は、取引量が非常に多いです。それだけにニュースから多くの情報を知ることができます。ほぼ毎日のように米ドルに関するニュースが流れてきますから、最新情報を参考にして取引したいなら、マイナー外貨よりは米ドルがおすすめです。

マイナー外貨は将来性は要注意

それとマイナー外貨は、将来性も見極めなければなりません。将来性が今ひとつな外貨ですと、取引できなくなる可能性もあるからです。
例えば金融ショックです。時には何らかの大きなニュースが流れて、金融ショックが発生する事も実際あります。マイナーな外貨ですと、それで取引停止に近い状態になってしまう事も稀にあります。
スワップ金利を目的に取引するなら、長期的に外貨を保有し続けることになるでしょう。取引停止になってしまうのは、とても困ります。

安定感もある米ドル

それに対して米ドルの場合は、安定感があるという声も多いです。
もちろん米ドルは、アメリカの外貨になります。少なくとも現在の基軸通貨になりますから、他のマイナーな外貨と比べると、安定感があると評価されている事もあります。
もちろん米ドルもレートが下落する事はあります。それでも他のマイナー外貨よりは安全なので、比較的安心して取引できるという声も目立ちます。
現に何回かドルは下落していますが、結局はレートを回復してきました。その安定感に魅力を感じて、米ドルで取引している方も多いです。

未分類

Posted by admin